ザ・シチズン から新年スタート

  • 2019.01.04 Friday
  • 10:32

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

2019年はザ・シチズン オートマチックからスタートです。

 

年末に300本限定モデルが発売されて、何となくザ・シチズンが盛り上がっている気がしています。

 

この時計、去年はあまり着ける機会がなかったので、今年こそは活躍させてあげたいと思っています。

せっかくの10年保証なので、ガンガン使ってなんぼの時計です。


 

それにしても、ザ・シチズン の機械式がカタログから消えて1年近く経過し、なんだか忘れ去られた感があります。

もしかしたら、クォーツも徐々に縮小されて、そのうちエコドライブだけになるのかもしれませんね。

 

そんなマイノリティーな機械式ですが、今更ながら機械式にとっては10年保証の無償点検ってスゲェーお得って思います。

1回分?のオーバーホールの代金が含まれているらしいので、シチズンさん採算合わないのではと心配すらします。

それが、機械式がカタログ落ちした1番の理由かもしれません。

 

一方でエコドライブの場合は、10年間で交換する部品がほとんど無いような気がします。

店頭では2次電池含めて、生涯交換の必要がないと聞きますが、電気製品なので寿命はあるでしょうね。

 

それはそうとクォーツの世界では、年差10秒が高級で、月差10秒が普及機と格付けされています。


また電波時計は、年差時計以上の精度があるにもかかわらず、電波が受信出来なければ意味がないとのことで、下に見られます。


付け加えると機械式は日差10秒以下が高級ムーブと言う事になっています。

 

しかし機械式とクォーツの高級の定義って、1970年代から実はあまり変わっていないんですよね。


50年、機械式とクォーツの精度に対する技術はあまり進化していないってことです。


他の家電製品は、この50年で、軒並み性能も価格も進歩しているんですけどね。


これは機械式やクォーツの技術が基礎的過ぎて、工夫の余地があまり残されていないことが原因かもしれません。

でもそれ以上に、マーケティングの要素が強いのでしょう。

 

結局、日差だろうが、月差だろうが、年差だろうが、その性能の違いによる製造原価に大差はなく、性能やうんちくが多いほど、高い価格設定ができるということでしかないんですよね。

 

なんか新年早々、夢がなくなってしまう話題となりました。

 

さて、改めてザ・シチズンを着用して思うことは、本体は適度に軽く、薄く、ブレスレットの駒も小さく薄くて腕に馴染む、着けていて気持ちいい時計ということです。


自宅で外すのを忘れて、そのまま朝まで寝てしまったことがあります。

 

質感はそれなりですが、ユーザーのことをよく考えて作られた時計だと思います。

 

今年も新年から戯言にお付き合いいただきありがとうございました。

 

ユンハンス マックスビル

  • 2018.12.29 Saturday
  • 12:34

JUGEMテーマ:時計★大好き 


何故買ってしまったのだろう。

発端は数週間前に、かみさんの叔父さんの葬式があり、葬式用の時計として、キングセイコー クロノメーターを貸してあげたことです。

その翌日から、かみさんがネットで冠婚葬祭用の時計を探し始めたので、そんな滅多に使うことのない時計はいらないでしょうと、かみさんが所有しているシチズンXC用の黒い革ベルトをネットで買ってあげました。

しかしかみさんの不満は解消しません。XCの側はシルバーではなくサクラ色なので、根本的に葬式には向かないとのこと。

ベルト、返して下さい。

返してもらったところで、ラグのサイズが17ミリなんて、メンズで使える時計は恐らく存在しません。

そんなこんなで、またこの時計はどうだ?と相談され続けました。
そうなるとこちらも時計欲しい病のリハビリ中の身なので、症状がぶり返してしまいました。

ええい面倒だ。俺も使うから俺に決めさせろ。
心の声が聞こえて来ました。

色々調べてみましたが、白かシルバーの文字盤で黒ベルトでシンプルな2針か3針時計なんて、地味すぎて、そもそも欲しいと思えません。

そりゃあパテックとか、超高価でかっこいい時計は沢山ありますが、使用頻度を考えると、安価であることが絶対条件です。

シチズンのエクシード とかも考えましたが、いまいち愛着を持てる気がしません。

低価格帯の時計なら、ティソ、ハミルトン、オリス、エポス、ノモスなどが思い浮かびます。あれ?ノモスは意外に高価なんですね。

そんな時ドイツのユンハンスのクロノグラフの記事をネットで見た記憶が蘇りました。安くてなかなかカッコ良かったよなぁ。

そこでユンハンスのサイトで商品一覧を見てみると、34ミリの手巻きに目がとまりました。以前いいなぁと思ってたんだよなー。

時計はおおよそ決まりましたので、次は文字盤の種類を決めなければなりません。

ベルトの色は交換すればいいとして、白系の文字盤はインデックスがバーとアラビア数字の2種類あります。

冠婚葬祭用なら、よりシンプルなバーインデックス一択ですが、数字フェチなのでどうしてもアラビア数字が気になります。結局マナー違反承知でアラビアを選択しました。


結果、数字のフォントが小さくて、そんなに目立たず正解でした。

第一印象は「薄ぅー」とその本体の薄さに驚きましたが。
ムーブメントはETA2801-2ベースとのこと。

調べてみると、ハミルトンのカーキに使われているのと同じだそうです。
懐かしい。私が高校生の時に買って、大学の時に使っていた時計です。
数年で針の塗料が剥がれて、使わなくなってしまいましたが。

話をユンハンスに戻します。
高級感はありませんが、コロっとして可愛らしい時計です。プラスチック風防なので、小傷が付きやすいでしょう。
まあそんな時は、親父のロードマチック同様、研磨剤で磨けばいいだけです。

防水ではなく、防汗です。8×4か?
腋の下の消臭剤かと思いました。

1番重要なかみさんの評価ですが、気に入ったようです。
かみさんの場合、細かなスペックなんて興味がなく、可愛い、綺麗、軽い、楽かどうかで決まるようです。

ということで、かみさんにクリスマスプレゼントをあげた形に落ち着きました。
なんか術中にはまった気がします。
まあ飽きたら娘が使えばいいし。葬式用にベルトを変えれば自分が使えるし。

では今回はこの辺で失礼します。

ザ・シチズン 購入後1年経過しました。

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 23:49

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

ザ・シチズン限定300本、発売されたようですね。まだ実際に目にした訳ではないですが。

針がドルフィンではなくバーというのは私の好みですので、ムムっと購買欲が掻き立てられました。

でも文字盤のあのワシのマークは、伝統とは言え好みが分かれるところです。
知らない人からするとナチスっぽいし。

久しぶりにヨドバシのサイトで、ポチりしそうになりました。
限定品はこれだから困るなぁ。

30万円の時計を買うなら、3回我慢して100万円の時計を買う方がいい。それが時計趣味の闇に落ちて学んだことです。

でも3回も我慢出来なくて、つい10万以下の時計を衝動的に買ってしまうんですよね。
時計の病はなかなか改善しません。

この度もザ・シチズンを我慢する代わりに、別の安価な時計を購入してしまいました。
ご報告は後日行います。

さて本題のザ・シチズン 購入後1年経過した感想です。


この1年振り返って思うことは、当初想像したより全然着ける機会が少なかったってことかな。

何となく朝の気分で、ロレックスデイトジャスト41の方を選んでしまうんです。

やっぱり着けた時の高揚感が違うんですよね。
価格は3倍以上なので、まあしょうがないところですが、ザ・シチズンだって質感は頑張っている方なのにね。

理由として色々考えられます。

1番は、文字盤が黒だからかな。
やっぱりビジネスには白かシルバーの方がいい。これは自分の好みがそうだって事です。

2番目は、存在感かなぁ。
きっともう少しダサかったり、アクが強い方がいいのかもしれません。
なんかこじんまりとまとまっている気がするんですよね。

ということで、突然ですがザ・シチズン 、ベルト交換してみようかと。

これまで色々な時計のベルト交換に挑戦して、結局、純正のステンレスベルトに戻してしまうのを繰り返してきました。
でもそれはベルトを交換することによって、純正のベルトのバランスの良さを再認識したからであって、そんなに悪いことではないと思っています。

どんな色のベルトが似合いますかね。
黒文字盤だからやっぱり茶色かなぁ。

乞うご期待。


親父のLM

  • 2018.11.25 Sunday
  • 20:57

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

久しぶりの投稿です。

ただ漠然と生きていくだけなんだけど、いろんなことが起きます。

 

 

後輩がガンになったり、仕事の仲間が転職したり、などなど。

そんな時はひとり自宅で酒をのんで、時計いじりです。


娘に親父の形見のロードマチック全数字をつけさせて、おじいちゃんの時計だよとうんちくをたれます。


またロレックスデイトジャスト41をつけさせて、お父さんが死んだら売るんだよと言います。

当然娘は嫌な顔をしますが、時計の重さや金属の冷たさに驚きます。


それでいいんです。

 

思えば親父との思い出は、小さい時、夜近くの川に散歩に行って、川に腰まで浸かった時の冷たい感覚だったりします。

 

思い出は全身の感覚ですよね。

ではまた

 

 

 

猫とロードマチックスペシャル

  • 2018.09.10 Monday
  • 16:45

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

最近、某サイトでポチッとした時計です。


ロードマチックスペシャルです。
傷だらけですので数千円で買いました。

カットガラス
亀戸製
ブルー文字盤
純正ブレス

などなど、萌えポイント満載です。

タイムグラファーで測ると、何と8振動じゃないですか。
なんか凄えぞスペシャル。

それにしても、丁寧な作りです。
久しぶりに興奮しました。
時計を耳に当てて、8振動の動作音を楽しみました。キンキン乾いた音も私の好みです。

数千円でこれだけ楽しめるなんて、何てお得なんだスペシャル。

今回はこの辺で失礼します。

子猫と時計

  • 2018.09.09 Sunday
  • 01:14

JUGEMテーマ:時計★大好き 


久しぶりにブログを更新します。

実は最近子猫を飼い始めました。そのため生活全てが子猫中心に変わってしまいました。

 

ケージやキャリー、トイレ、エサ、遊具などの猫グッズがリビングに所狭しと置かれています。

 

更にモノの変化だけでなく、猫のエサやりのために、家族全員が今までより30分以上早起きになりました。

 

まだまだ猫も人間も慣れていないので、大変な毎日です。子猫ですから、それはもうこちらの言う事など聞くはずもなく暴れまくっています。

 

大変ですけど、やっぱり家族が増えるのは楽しいことです。

みんなで協力しないと十分なお世話ができないので、家族の団結力が高まります。


そんなこんなで、時計いじりも自由にできなくなりました。

バネ棒飛ばして、それを子猫が食べてしまったら大変です。

バネ棒、本当によく飛びますね。飛びます飛びます。

 

それでは今回はこの辺で失礼します。


 

暑い休日の時計

  • 2018.08.12 Sunday
  • 07:49

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

最近何度かネットで買う直前のカートまで入れて踏み止まった時計があります。

シチズン
プロマスター メカニカルダイバー 200m NY0075-12L

です。

チタン製でかつウレタンバンドなので、84グラムと軽量です。

家電量販店で実物を見ましたが、文字盤のブルーが綺麗でした。

リューズ周りは、ちょっと質感が安っぽい感じでしたね。実売5万円以下の時計なので、当然なのですが。

なぜこの時計が欲しくなったかと言いますと、今年の猛暑が原因です。

この夏は命にかかわる暑さなので、休日の服装はとにかく通気性の良い短パン、ポロシャツで、機能性重視のラフな格好で過ごすことを考えました。
そうなると腕時計も、ラフに使えるものが必要ですよね。

夏の大量の汗に耐えるためには、自ずと対象はダイバーズに限られてきます。
本当はクォーツが気楽でいいのですが、シンプルなモデルが中々見つからず、目にとまるのは機械式ばかりです。

またラフに使うためには何より軽さが重要だと考えました。

よってターゲットはチタンダイバーと言う事になります。
価格は5万円以内に抑えたいところです。

セイコーならサムライのデザインが好みなのですが、今の復刻版はステンレス製でチタンではありません。

セイコーダイバーズでチタンと言えばショーグンですが、お値段お高めで予算オーバーです。
なんか最近のセイコーダイバーズは、モンスター針ばかり使っているので、あまり心が動かないんですよねー。

さてシチズンプロマスターですが、金属ブレスレットモデルのブレスレットは、ステンレス製とのこと。
それだとあまり軽くないので、ここはウレタンバンドモデルしかありません。

じゃあ買いますかと、ネットショッピングで何度かカートに入れたりキャンセルしたりを繰り返しました。

買うんかい。買わないんかい。買うんかい。買わないんかい。買うんかぁぁぁい。買わないんか〜い。

これまでの経験から気付いたのですが、安い価格の時計って、結局、使わなくなるんですよね。
やっぱりある程度お金をかけて作った時計の方が、萌えポイントが多く、その分愛着も長続きするようです。

この時計を買っても、しばらくすると所有しているセイコーダイバーズmm300の方に戻ってしまう可能性が高いと思います。

そんなこんなを繰り返している最中、別の時計が気になりました。

TISSOT Seastar 1000 (シースター1000)オートマティック 日本限定


です。

こちらは300m防水ですし、なんと80時間のパワーリザーブです。
素材はステンレスです。故に軽くはありません。
まだ現物を見ていないのですが、質感は中々高そうです。
お値段はシチズンの倍ぐらいします。

でも思い留まりました。
時計は現物を見ないとね。
そもそもチタンじゃないし。


ブログ書いていて、また気になったので、本日散歩がてらに時計屋へ行って現物見てみることにします。

それでは今回はこの辺で失礼します。


東京オリンピックのパンダ

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 13:28

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

時計趣味の究極は、気になる時計があれば、とにかく手に入れ続けることだと思います。

でも仮に無限にお金があったとしても、それはやってはならない事かと思います。
時計メーカーや販売店の策略に、まんまと騙されているだけですもんね。

常に新しい時計が誕生しますので、それを追い求めてしまうと策略にハマります。
ではどうすれば時計メーカーや販売店の策略にハマらず、時計趣味を続けて行けるのでしょうか。

明確な答えは無いのですが、何となく思うのは、次に買う時計の理由をイメージすることが大切かと思います。

例えば私の場合、オールド中心ですが既に10本以上の時計を持っています。
その半分以上は、箱の中で眠っているか、たまに動かしたり磨いたりして楽しむことが目的となっています。要するにコレクションです。

故に私の次に買う時計の理由のひとつは、コレクションに加えたいと思うかどうかです。
この場合、地道にオークションをチェックして、コンディションの良いものが見つかった時に初めて、時計を買う理由が明確になります。
ある意味、私が買わないと、この時計は捨てられてしまうのではという、いささか勘違いの使命感が湧き上がるかどうかが決め手です。

ふたつ目の理由は日々使う実用時計としてです。
これはライフスタイルの変化や役職の変化によって、今まで持っていない種類の時計が欲しくなった時に生じます。

最近買ったロレックスDJ41やザ・シチズンの一番の購入理由は、いい歳なので相応の落ち着いたシンプルな時計が欲しくなったことです。

次に時計が欲しくなる様なライフスタイルの変化は何でしょうかね。
パテックやリシャール・ミルが必要になる日は絶対に来ない気がしますが。
脱サラして個人事業主にでもなれば、また別の時計が必要となりそうです。

さて、ここまでは前置きでして、実は最近、東京オリンピックのオメガスピードマスターの発表で心が乱されそうになりました。

東京オリンピックはどうでもいいのですが、パンダ柄のクロノグラフが大好物なので、非常に気になりました。
蛇足ですがバーゼルで発表されたck2998もトキメキました。こちらは幅40mm以下で好みの小さめのパンダです。東京オリンピックモデルは幅42mmで少し大きめですが金属ベルトです。ふたつとも値段はほぼ同じで定価70万円弱。

でもこれって完全にオメガの限定販売戦略ですよね。
パンダクロノのコレクションとして手に入れたいのですが、たまに動かしたり磨いたりするために70万円の出費は、冷静に考えてちょっと有り得ないかと思います。

では実用時計としての活用をイメージしてみると、ビジネスにはカジュアル過ぎるし、休日時計としては50m防水は取り扱いに気を遣いそうです。

ということで、今回も無事スルー出来そうです。まあ結局、本当に欲しい時計に遭遇した場合、購入理由は後付けで考えるんですけどね。


やっぱりこのセイコーパンダよりカッコいいと思えるパンダに遭遇したら多分ヤバいことになりそうです。
もし幅40mm以下で100m防水で、スリムで綺麗なパンダが出たら、いっちゃうかもしれません。
数年前のスピマスオートマチック、買っておけばよかったなぁ。

それでは今回はこの辺で失礼します。


暑い日が続きますが

  • 2018.07.21 Saturday
  • 23:33

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

いやー毎日暑いですねー

出勤前に今日はスーツの上着を着る必要があるかなんて、暑くて考えることすら諦めてしまっています。

東日本震災以来クールビズがすっかり定着していますので、上着を着ている方が暑苦しくて、逆に相手に不快感を与える場合もあります。

 

更にワイシャツも袖をまくるのが当たり前になってしまっています。

本当は半袖シャツがより涼しくていいのですが、会議室など冷房機の風が直接当たる席に座らざるを得ない場合も多いので、風邪をひかないために長袖シャツを着用しています。

 

そんな腕まくりシャツ野郎ですので、自ずと常に時計を露出しています。

よって毎日、今日はどんな時計を着けて行くのか、悩ましくもあり楽しみでもあります。

 

露出と言うと、時計変態ではなく別の変態と間違われそうですが、時計を露出することによりその弊害として、色んなところに時計をぶつける機会が増えてしまいます。

 

放置自転車やガードレールなど、ただ歩いているだけでもぶつけてしまう危険性があり、ぶつけて金属音が鳴ると、露出している分確実に時計にキズが付きます。当然その日1日は確実にへこみます。

 

正に真夏の甲子園にこだまする金属音(バット)と同じですね。カキーン!

 

ということで、私のロレックス デイトジャスト41も、確実にキズが増えていっています。

 

 

これまで時計のキズが大好物と何度もブログに書いていますが、いざ金属音が鳴って、どの程度のキズがついたかを確認するまでは、いつもドキドキです。ガラスが欠けたり酷い打ち傷がついたら、多分相当へこむと思います。

 

まあそれもひと夏の思い出ということで、いつか笑える日も来るのでしょうけどね。

それでは今回はこの辺で失礼します。

 

旅のお伴

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 23:37

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

先週末は親戚家族で栃木県へ1泊旅行に出かけました。都内は大した渋滞もなく快適なドライブでした。

そんな旅のお伴はセイコーダイバーズmm300です。

 

 

グリーン色が発売になったり復刻版が出たりとセイコーダイバーズ界隈では地味に盛り上がっているようですが、「いやはや同じ様な時計を何個も持ってもなぁ」と欲求を抑え込んでいます。

 

このmm300の文字盤は結構イケています。幅は44mmと大きいのですが、文字盤は小さく凝縮感があります。

私もたまに人から顔が大きいと言われますが、顔のパーツが中心に集まっていれば、目立たないのかもしれません。それはそれで不気味な気がしますが・・・クシャおじさんかよ。

 

さて旅のお伴として時計1本だと心許ないので、もう1本こっそり鞄に入れて持ち込みました。

ここら辺が時計変態の変態たる所以です。


 

夜家族が寝静まった後、一人酒を飲みながらウエスで時計を磨きたくなることを想定して、それであればオールドの方が磨き甲斐があると思いこの時計を選びました。

 

結局酒を飲み過ぎて爆睡してしまい、磨くことはありませんでしたが、もう1本時計を隠し持っているというだけで何故か心が落ち着くのです。


子供がお気に入りのオモチャを肌身離さず持っていたいのと同じですね。

いやーどんどん退行していきますね。

人間はある年代を境に、頭は子供に戻っていくのかなー。

正に膨張と収縮ですね。

宇宙ぅぅぅー。

今回も出ました。ワォ!出た!

 

それではまた次回。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM