セイコーの時計

  • 2019.03.04 Monday
  • 20:59

JUGEMテーマ:時計★大好き 


私は今セイコー茶馬を着けて、ひとり晩酌の最中である。

この世の中で現在、茶馬を身につけて酒を飲んでいる人がどれだけいるのだろうか。


 

時計は、男に特別な思いを抱かせる、不思議なモノである。

こんな事を言うと、現代では女性蔑視と言われそうだが、そんなことは関係ない。

こちらときたら、ハードボイルド小説を思春期に読み漁り、車、女、ファッションに憧れて、青春時代を無駄に浪費して生きて来た身だ。

それなりに語る権利はある。

 

76年1月生まれの茶馬。私が小学1年の頃の時計。

特にこれといって憶えていることも無いが、家の前は砂利道で、親父もお袋もまだ若かった記憶だけは残っている。

 

初めて買ってもらった時計は小学6年、セイコーのデジタルで太陽電池モデル。

時計屋でカタログもらって、どのモデルがいいか、一所懸命選んだ記憶がある。

当時2万円以上したはずで、今考えたらふざけたガキである。

 

小学生の私にはアナログ時計はダサく映ったが、今となれば、本物を知らない馬鹿野郎でしかない。

 今の小学生で、もしmm300を欲しがる奴がいたら、そいつのセンスはスゲーと思うなぁ。

 

ではまた


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM