最近気になる話題

  • 2019.02.24 Sunday
  • 04:59

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

最近気になるのは、セイコーセカンドダイバーの復刻についてです。

 

数年前にセカンドダイバーのオリジナルを、アンティークショップで見つけた時は、その大きさに驚きました。

 

確かに形はユニークで面白いのですが、個人的にはサードダイバーの方が、デザインがスッキリして美しいと思っています。

 

今回の復刻のお値段は45万円とのことです。

 

アッチョンブリケ

 

45万円出すのであれば、他にも魅力的な時計がいっぱいありそうです。

 

それにしても、あの大きさのセカンドダイバーを毎日使う人は稀で、多くの場合、観賞用ではないかと思います。

 

もし多くが観賞用ならば、復刻版よりオリジナルの方が相応しく、それこそ値段も半額程度で手に入るのではと思います。

 

チューダーから今年新作が出そうなので、毎日使う時計であれば、そちらの方が適している予感がします。

 

そもそも45万円の時計を買うのなら、1回我慢して90万円の時計を買った方が、満足度は高いんですよねー。

 

永遠に買えなくなりそう。


 

話が脱線しますが、スイス人の平均年収は日本人の約2.5倍らしいので、彼等からすると45万円の時計は日本人の18万円の感覚なんだろうなー。

 

デフレって、庶民にとっては悪いことではないと思っていました。

しかし今回の様に、時計の値段が相対的に高く感じる現実に直面すると、日本の国力が落ちてしまったのだと改めて実感します。

 

それでは今回はこの辺で失礼します。

 

コメント
今年はセカンド復刻みたいですね。値段がプレミアまでついたファーストとまだ余ってるハイビート復刻のほぼ中間値で妥当な価格を探ってるかの様ですね。
ただダイバーの重要モデルはサードを高額再復刻するなら別としてほとんど出し尽くし感もありますけど。
まあ自分は今年も買うかもしれないですが、世間はどうでしょうか?
復刻は保険としてやむを得ないとしても新しいスタンダード作りを必死にやってほしいですね。
あとスイス人はうらやましいです(笑)
  • alone
  • 2019/02/24 4:38 PM
aloneさん

こんにちは
ファーストは普段使いもできるいい時計だと思います。だから人気が高いのでしょうね。
セイコーもそろそろ学習して欲しいですね。復刻が欲しい訳ではなく、いい時計が欲しいだけなんですよね。現代解釈や、サード、サムライも針をもう少し変えてくれればと思うのは、私だけではないでしょう。
がんばれセイコーですね。
  • timer
  • 2019/02/24 8:33 PM
オリジナルをそのまま復刻もいいですがサイズを毎日使える大きさにし文字盤、針に変なデザインを盛らないでほしいです。現代解釈もセイコーだとダサく解釈するので解釈しない企画も必要だと思います。
  • 62GS
  • 2019/02/28 7:05 PM
62GSさん
コメントありがとうございます。
ダイバーズの針のデザインは色々あって、センス良くまとめるのは難しいのかもしれませんね。
モンスター針はモンスターだけに使って欲しいのは、わがままですかねー
  • timer
  • 2019/02/28 10:44 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM