ザ・シチズンのベルト交換その1

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 00:13

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

ザ・シチズンの革ベルト化計画ですが、まだ最初の段階で足踏みしています。どのベルトにしようか、ここ数日ずっと悩んでいます。

ネットショッピングの期間限定ポイントがたまっているので、できればポイント有効期限内に決めてしまいたいと思っています。
文字盤が黒なので、無難にベルトも黒というのがまずは第一候補です。

黒と言っても、クロコダイル、アリゲーター、トカゲ、エイ、牛、ダチョウなど、素材の種類が多すぎて、何れを選んでも後悔しそうです。

先が見えなくなったので、とりあえず手持ちの使っていない革ベルトに交換してみて判断することにしました。

まずは、ザ・シチズンの金属ベルトを外さないといけません。
そう言えばザ・シチズンの金属ベルト、これまで一度も外したことなかったっけ。

いっぱいキズをつけそうな嫌な予感がしました。

案の定、片側はすんなり外すことができましたが、もう片方のバネ棒が動きません。
バネ棒の頭が縮んでくれません。何度かガリガリやってもダメです。

バネ棒の引っかかりも削れてしまいました。
よく見ると、バネ棒が既に縮んでいる状態です。
つまりバネ棒がそもそも穴に入っていない。

もしかして買った時からバネ棒が穴に刺さっていない状態でずっと使用していたの?

そんなことはない。きっと今回、何度かガリガリやった際に穴から外れたのだと思います。でも弓カンと本体とがシリコンか何かでべったりくっついていた可能性もあります。


あるいはベルト調整の際に、バネ棒が穴に入ったことを確認しなかったのかもしれません。
正直、この弓カン、無垢でエッジが鋭すぎて、手でなぞるだけで怪我しそうです。
これは本体とシリコンだけで固定されていても不思議ではありません。

恐ろしい。
いつ時計が手から落下しても不思議ではなかったってことですね。

今回はこの辺で。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM