ザ・シチズン オートマティックモデル NA0000-59E(その1)

  • 2017.12.28 Thursday
  • 18:43

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

前回の記事の最後にもったいぶってお伝えしましたが、今回は今年最後の衝動買いの「ザ・シチズン オートマティックモデル NA0000-59E」の紹介です。

 

目次

1.購入までの経緯

2.購入理由

3.気になる点

4.他の時計との比較

5.その他

 

1.購入までの経緯

 

 いつ頃からでしょうか。「グランドセイコーSBGR053」はいい時計だなと思っていまして、いつか手に入れたい時計の1つでした。もちろんザ・シチズンの存在も知っていたのですが、私の中では「セイコー」>「シチズン」の先入観がありましたので、グランドセイコー以外あまり気になりませんでした。

 

 決定的だったのは、かみさんがCITIZENのXCが気に入ったということで、夏ごろだったかアウトレットのCITIZENに探しに行ったときのことです。その際かみさんが欲しかったXCのモデルを発見し、まんまと買わされました。

 

 確かザ・シチズンのECO-DRIVEモデルが偶然目に留まって、「何故、機械式でもないのにパワーリザーブがあるんだろう」とその意味を店員さんに尋ねた記憶があります。結果、太陽光の充電状態を把握する機能だったんですけどね。

 さらにその店員さんから「ザ・シチズンのECO-DRIVEは2次電池の持ちもいいので、電池交換なしで永久的に使えます(ほんまかいな?)」とも聞いた記憶もあるなー。

 

 ちょうど「機械式が絶対正義」の考え方から、「クオーツや太陽光発電の時計もありだな」と思い始めた時期に、ザ・シチズンが気になり始めた訳です。

 その後、ザ・シチズンには機械式もラインナップにあることを知り、ついにグランドセイコーSBGR053と同じく、いつか欲しい時計の仲間入りを果たしました。

 

 それがどうでしょう。1か月ちょっと前ぐらいだと思いますが、いつも巡回するCITIZENのオフィシャルサイトから、ザ・シチズンの機械式モデルがこつ然と消えて無くなりました。そして先日、CITIZENアウトレットショップの店員さんに聞いたところ、「モデルチェンジのため機械式の現行モデルは生産終了した」とのことでした。

 

 それ以来、益々この時計のことが気になってしまい、ショッピングサイトで販売状況(価格や在庫数など)をチェックする毎日が続きました。そして日に日に「取扱い終了」となって行きました。

 

 「やばい。もしかして、買えなくなるかも・・・でも、何が何でも欲しい時計ではないので、まあいいか。」

 と静観を決めていたのですが、ある日、ついに○○○○カメラのショッピングサイトの在庫がゼロとなり、「取扱い終了」となっているのを発見し、心が折れそうになりました。

 

 「まあ、しょうがないわなー。中古ならオクできっとまた出会えるさー」とも思いましたが、オクの中古価格が、新品と大して変わらない金額になっているのを発見し、「うーん。中古でもしばらく買えそうもないなー」と諦めるしかない状況でした。

 

 それから数日が経ち、たまたま同じショッピングサイトを見た際、なんとザ・シチズンの取扱いが復活していました。

 「やばい。買っちゃえという天の声かも。」

 なんとかその夜は「ポチっ」とするのを我慢して床に就きました。「もしも明日の朝起きて、冷静になっても欲しいと思えて、かつ、サイトの取扱いも続いていたら、そん時は買おう。おやすみない。」

 

 さて次の日の午前中。ついにやってしまいました。もうぜんぜん後悔なんてしていません。

 なぜか私が購入した後直ぐに「取扱い終了」になってしまいました。どうやら在庫は1つだけだったみたいです。

 

 定価の25%引きぐらいで、更に13%のポイントサービスということでした。

 自宅に郵送されると何かと家族への説明がめんどくさいので、「店舗で受取り」を選びました。ついでにブレスレットのサイズ調整もやってもらうためです。

 以上が購入した経緯です。前置きがえらい長くなってしまいましたね。

 

2.購入理由

 

 1.購入までの経緯で一部お話ししましたが、次はこの時計のどこが気に入ったのか。なぜ買う必要があったのか。についてふれます。

 これまで何度かブログで書いていますが、私は「理想の時計探し」として、候補となりうる時計の情報収集を常日頃行っています。

 これまで欲望にまかせて多くの時計を手に入れてきましたが、殆どが「古いSEIKOの機械式時計」と「新品でも比較的安価なSEIKOの機械式時計」であり、コレクションとしては非常に偏ってしまいました。オフタイムやちょっとした遊びの場で使える時計ばかりで、ビジネスのど真ん中のオンタイムで使える時計は、あまり持っていないという状態でした。

 

 よってビジネスでは、おのずとロレックスEX2の出番が多くなっていました。でも繰り返しになりますがロレックスには弱点があります。「人と被る場合が多く、その場合は何故か気まずい雰囲気になる。」点と、「初対面の人に、あまりいい印象を与えない気がする。」点です。

 つまり、「人と被らず」、「初対面の人に比較的いい印象を与え」、「現代の時計で防水もOK」、「比較的高価=質感が高く所有する喜びが感じられる」時計が欲しいのです。

 

 さてこのザ・シチズンの最大の「お気に入り」ポイントは、ケースの「薄さ」です。カタログスペックでは、10.9mmとあります。(私がノギスで測ると10.5mmでした。)

 うすぅぅぅぅぅっ。

 

 手巻きではなく自動巻きでこの薄さは中々だと思います。私が持っている機械式の時計の中では、キングセイコークロノメーター(手巻き)とほぼ同等の薄さです。まさにクオーツレベルの薄さです。

 薄いと何がいいって、一番は腕の上で本体が安定することです。またワイシャツの袖への引っかかりが減ります。その結果、「着け心地サイコ―」となります。

 

 今回は長くなりましたので、一旦ここでお開きとします。次回は引き続き以下の点について触れていきたいと思います。

 

2.購入理由(続き)

3.気になる点

4.他の時計との比較

 

 それでは読んでいただきありがとうございました。

 

ザ・シチズン オートマティックモデル NA0000-59E(その2)

ザ・シチズン オートマティックモデル NA0000-59E(その3)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ロレックス売り場にて終活を考える
    timer (05/10)
  • ロレックス売り場にて終活を考える
    マア坊 (05/10)
  • ロードマチックと散歩
    timer (04/15)
  • ロードマチックと散歩
    ねむ (04/15)
  • ロレックス デイトジャスト41 126300 (その1)
    timer (04/10)
  • ロレックス デイトジャスト41 126300 (その1)
    ねむ (04/10)
  • ロレックス デイトジャスト41(そろそろ終わりかな)
    timer (04/08)
  • ロレックス デイトジャスト41(そろそろ終わりかな)
    alone (04/07)
  • ロレックス デイトジャスト41 126300 (その1)
    timer (03/26)
  • ロレックス デイトジャスト41 126300 (その1)
    alone (03/25)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM