久しぶりの登場mm300(セイコーダイバーズ)

  • 2017.09.09 Saturday
  • 07:25

JUGEMテーマ:時計★大好き

 

先日は雨のため、久しぶりにオンタイムにmm300を着用しました。

 

相変わらずその重量が重いけど、「グレーがかったシルバーの光沢が、なかなか美しいのぅ」と再認識しました。

更に、秒針が滑らかに動くのも気持ちいい。8振動ですが・・・

日頃セイコーの古いクロノグラフを着けていると、秒針がないので動いている実感がわきません。

また、セイコーモンスターやメカニカルは6振動ですので、滑らかさではどうしても劣ってしまいます。

「10振動だともっと気持ちいいのかも」という悪魔のささやきが聞こえてきそうですが、気持ちよくなるために時計を買うのはちょっと違うと思いますので8振動で我慢です。

 

そういえば最近は時計の精度について、全然気にならなくなりました。

mm300を買った直後は、日に15秒も進むので、夜間どちらの方向に向けて置いておくかを真剣に悩んでました。そんなことを悩むなんて日本は平和な国だとつくづく思います。(私が平和ボケしているだけかもしれません。)

最終的には中国製のタイムグラファーを購入して、いろんな角度で測ってようやく納得したのですが、現在はもうどうでもいい感じです。

 

もう時計の数が増えてしまって、それどころではありません。

朝、いつもと違う時計を着けようと思ったら、だいたい数日前で止まっています。ですので、まずは日付と曜日を合わせるのに大変苦労することになります。午前で止まったのか、午後で止まったのか、分針を進めて確認してから、カレンダーを動かしても大丈夫な時間帯に時間を進めて、ようやくカレンダー操作開始です。時計によって操作方法が違うので、慎重にやらないと必ず失敗します。日付は直ぐに今日を通り越して明日になってしまいますので、そうなると、また一か月やり直しとなります。

そんなことを朝の忙しいときにやっていると、正直、分針を合わせたらもう十分です。秒針なんか気にもなりません。

 

先日、かみさんに太陽電波の時計を買ってあげたのですが、正確な時間を刻んでいるのを毎日見ていると、ちょっと考え方が変わりそうです。更に本体はチタン製のようで、着けているのがわからなくなるぐらい軽くてビックリです。

クオーツ時計もいいな〜と自分の中ではかなり盛り上がってきているのですが、あの見慣れたボタン電池が中に入っているのを想像すると、なんか萎えるんですよね〜。

以前、娘のサンリオのおもちゃ腕時計の電池交換を自分でやったことがあるのですが、電池がばねの力で数10センチ飛び上がりました。危なく失明するところでした。(冗談ですが。)

 

結局のところ、機械式時計の何が魅力なのかということですね。やっぱり中身が金属部品でできているということですかね。電子部品ではなく。

ランニング用の時計GARMINは持っているのですが、日常生活用のクオーツ時計に手を出すのは、もう少し時間がかかりそうです。

 

本日はここまで。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM